足の重要性

 最近、わかったことがあります。


 それは足の重要性です。


 開業してから2年が過ぎましたが、その間にたくさんの技術を学んできました。


 たくさんのお客さんの体を診てきましたが、8割の方が3,4回の施術以内に効果を感じてもらえます。


 その後も調整をすすめていくうえで、安定しない歪み(症状)があり、それをどう安定させていくか、ここがポイントとなるわけです。


 骨の歪みには、必ず生まれたときから今までに体に受けた衝撃、または生まれる時の歪み、などの原因となるものがあるわけです。


 頭を強く打つ人もいますが、やはり生活の中で圧倒的に衝撃を受ける確率が高いのが、足、お尻なんですね。


 お尻(仙骨)の調整や、骨盤の調整は今までにもやってきたし、得意な方でもあるのですが、足!なんですね。


 足に大きな歪みを残したままでは、いくらそれ以外の部分を調整したところで、また戻ってくるんですね。


 足にあまり原因のない人を除いては。(しかしほとんどの人が、足に原因があります。)


 なので、症状を完全に安定させるには、足の歪み、足の捻じれを無視することはできないんです。


 ようやく今、足の歪みを細かく調整する技術が身についてきました。


 今まで、あまり診てこなかった足。。


 ここが大きなポイントだったのです。


 症状が安定して改善しないために、途中で来なくなるお客さんはたくさんいました。


 今思うと、あの時足の歪みを確認できる力が自分にあれば。。という想いがあります。


 だけど、前向きに、今診ることのできるお客さんに全力を注ぎます。


 

足の歪みの調整で全身がすごく楽になった

  • Day:2012.07.24 19:27
  • Cat:施術
 たったいま帰られたお客さん。


 今日は特に体が辛いとの事。


 一番の主訴は足首の痛みですが、そのほかにも全身に歪みがありきつい様子。


 楽にはなってきているけど、まだ辛い様子。


 今日は仕事がきつかったせいか、特に体が辛くて、目の奥も辛い、足首も前ほどではないけれど痛くなる、とのことでした。


 全身をチェックしていきます。


 立位で骨盤右の前方への捻じれ、肩甲骨も右が前方にいき下がっている歪み。耳の位置がそのバランスをとっていると思われる、右が後方にいっています。


 さらに細かく見ると、胸椎6番目と8番目に大きな歪み。


 続いて座位でチェックすると、肩甲骨の歪みが揃いました。耳の位置は変わらない。胸椎を見ると、6番目が揃っています。この時点で、胸椎6番目の歪みは尾骨の影響で歪んでいたことが分かります。なぜかは内緒wうそですw

 尾骨というのは6番という番号が付いているため、同じ番号同士でバランスをとりあうという法則があるからです。

 あとは肩甲骨と骨盤の関係。すわって肩甲骨が揃うという事は、骨盤の歪みが肩甲骨に影響しているという事。


 胸椎8番目は相変わらず残っています。


 うつ伏せでチェック。


 耳の位置が揃いました。あとは大体が、立位と同じ状態。


 立位、座位、うつ伏せ、どの状態でも変わらない歪みが、原因のポイントとなっている確率が高いので、まずは骨盤の調整をしながら尾骨の調整。


 その間に足の調整も同時に行いました。

003.jpg


左に曲がった尾骨をさらに別の角度からゆっくりと時間をかけて調整。


 まっすぐに整った時点で、胸椎の6番目を確認。見事に歪みが整っています。


 その後、足首と腓骨の8番目を調整。


 胸椎8番目の歪みは、足の歪みから来ているというのも、予想していました。その理由は、説明できないので省きます。


 腓骨の左右の8番の歪みが戻ったのを確認。胸椎8番をチェックします。見事!に揃っています。


 仰向けでも足首と脛骨の調整をして施術終了。


 起き上がるやいなや「も~~のすごい体が楽になったー!」の一言。僕「わ~~いうれしいわぁぁぁ~~」


 お互いにっこりです^^


 目の奥の痛みも消えています。不思議でしょ。実は目には8番という番号が関係しているのです。


 足の歪みが目に影響??!!僕も最近わかった事実です。


 楽しかったです。


 

体中が辛く、顔も曲がってきた・・

  • Day:2012.07.24 16:42
  • Cat:施術
 飲み屋で出会ったある女性


「ある整体院に行ってから体がおかしくなった。体中が辛い。全身バキバキと音がなる。顔も曲がってきた。生きているのが辛い。これ直る??」


 その整体院の人にかなり怒っているようで、顔を赤めながら僕を訪ねてきた。


 とりあえずその場で体をチェック。確かに辛そう。全身に大きな歪み。


 「全身に大きな歪みがあるので、1回2回では良くならないかもしれないけど、調整していけばよくなっていくはずやよ!」

 そう伝えました。


 それから予約をとって、施術を受けにいらっしゃいました。


 今までに体に受けた衝撃、打撲歴を聞いていくと、特に何もないとの事。


 立位、座位、うつ伏せの順番で骨の歪みを探っていきます。


 尾骨から仙骨の下部が大きな歪み。お尻を強く打っている典型的な歪みを発見。


 僕「お尻強く打ってるよね?階段から落ちたりしてない??」お客さん「落ちた!2年前に。」



 一つ原因確定。腰も痛くなるというので、仙骨と腰椎の調整から骨盤の調整。捻挫もしていることを発見し、足首から足の全体の調整に入ると、背中のポイントが痛くなってきたとの事。


 おや?っと思い、痛いポイントを確認。肋骨の11番目。


 足の調整を中断し、肋骨11番目の調整。


 その後、胸椎、肋骨を上から順にたどっていくと、触れていくだけで頭で音が聞こえるとの事。



 ということは。。背中の歪みが、大きく頭の歪みに影響しているという事だということが分かります。



 肋骨11番と関係の深い肋骨4番と7番を元の位置に戻して3回目の施術終了。


 
 起き上がった時に、顔がはっきりと変わっていました。



 僕も嬉しくて万歳。お客さんも大喜びで握手をして喜び合いました。


 その後、4回目の施術の時、前に行っていた整体院で背中の上にのられていたとの事。


 大きな原因が、背中に会ったことが発覚。


 その日も肋骨をメインに施術。またまた顔が整ってきました。


 「昔は綺麗だったのに、今は自分の顔をみるのが辛い。。」


 なんどかそう口にしていたのを聞いていました。


 初めの方は、うつむき加減で暗い表情だったのに、今は顔の歪みも整ってきて、光が差したように明るくなって見えます。


 「だいぶ元に戻ってきた!」そういって、ルンルン気分で帰って行かれました。


 嬉しいですね~。この仕事をやっていて一番至福な瞬間です。

 

 

交通事故で首が・・あれ??

  • Day:2012.07.21 01:08
  • Cat:施術
少しとおくから2週に一度通ってくれているお客さん。


 3回目の施術のときまで隠していたけど、実は整体師(カイロプラクター)さんでした。


 うわさでは聞いていました。福井にいる整体師さんがこの店を紹介してくれていると。


 なんてできた人なんだろうって思っていました。この人だったのか~~って感じ。


 違う技術と理論ではあるけれど、ゆがみを戻すということは同じ。


 大先輩です。経営のことでも相談に乗ってくれます。なんと心強い。。



 そして昨日4回目の施術にいらっしゃったとき、なんと車が横になるくらいの交通事故をしたというのです。


 だけど、それから首の調子がいいとの事w


 ゆがみをチェックすると、確かに首から肩にかけてまっすぐになっています。


 その方(Mさん)の体は、肋骨上部が右上がりの状態でした。なので、シートベルトがうまい具合にゆがみを元に戻してくれたようですw


 ただ、Mさんは「ハンドルを強く握っていたからか腕が痛い」との事。


 さらに全身のチェックをすると、肋骨の下部に大きな歪みが何箇所かありました。


 これはシートベルトのあたっていた下の部分だと仮定し、座位でもうつ伏せでも、揺らした後にもその歪みが残ることを確認して、調整。


 最初のチェックのとき、腕の痛いポイントが上腕骨の10番目という場所だったことを確認していました。


 肋骨の10番目に変なゆがみを発見。さてはこれだなと直感しました。


 変なゆがみというのは、大抵体のゆがみには流れがあるのですが、その流れに逆らうゆがみをしていたと、簡単に言うとそういうことです。


 その肋骨10番目も調整してうでの痛みを確認してもらうと、「あら!痛くない!」と驚いていました。


 予想的中です。


 ハンドルを握っていたショックでいためたと思っていた腕の痛みが、実はシートベルトの圧迫による肋骨下部の歪みが原因だったということでした。(体中の骨には番号がつけられていて、同じ番号で影響しあっているという法則があります)



 その後、前回の続きの足の調整をして終了。


 事故をしたけれど、ここにくれば大丈夫だということを思っていたそうで、そういっていただけるととても嬉しいです。そして、もっと勉強したい、もっと改善させれるようになりたいっていう気持ちがでてきます。


 Mさん、ありがとうございます☆

さてさて

 放置するのもいいかげんにして、何か書きましょう。


 一応症例を書いていこうと思っているんですけど、いつもいつも奇跡的な改善があるわけではないので、また同じような事も書きたくないし、、なんて思っていたらずいぶんと放置してしまっていました^^;


 この間、久しぶりに来たお客さんに、「昔の方がよかった」って言われました。


 実はその事はうすうす自分でも感づいていたことなんですが、ここ数か月は技術的なことで戸惑っていた時期でもありました。


 一時的に症状を改善させることはとても簡単です。


 だけど、その症状を完全に安定して改善させるのがポイントで、それは人によっては、かなり時間がかかることもあります。


 そして、その過程の中で、今まで感じていなかった症状が出てくることがあります。


 そういうのを経験していくと、その場しのぎの対処的な歪みの調整では、最初はよくなったように思えても、何度も繰り返していると、まったく効き目がなくなってしまいます。


 それでは、その症状は改善されないのでしょうか?


 例えば、肩がいつも辛いという人がいて、一時的には肩の調整でよくなったという人で、数か月後にまた痛くなってきた、という人がいたとします。


 以前よくなった方法と同じことをやっても、以前ほど効果は感じられないはずです。


 その方の肩の症状が再発する、原因の歪みというのがどこかに隠れているのです。


 それは足首かもしれない、骨盤かもしれない、頭かもしれない、そのすべてが絡み合っているかもしれません。



 人間の体はとても深いです。この仕事をやって、やればやるほど思います。


 
 そうやって、どんどん歪みを追求していきます。僕の技術では追いつかない所もあって、さらに細かい技術を学びにいったり、ただ、そういう事を繰り返していくうちに頭が混乱してくることもありました。


 以前にやっていた、シンプルに歪みを戻すやり方の方が良かったのでは、と思っていました。


 だけど、それには限界があります。絶対に元に戻らないようになるはずだからです。


 その辺を理解してもらうのは簡単ではなく、やはりお客さんとしては、変わった!という実感が欲しいはずです。


 それも分かります。


 
 新しい技術を学んで、吸収し、さらに今までの基礎的な技術をそこから見直し、さらに正確に、さらに確実に、そんな風に、日々が勉強です。



 一人一人の異なるパズルをどうやって、ときほどいていくか。



 それではこの辺で失礼します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。