足の重要性

 最近、わかったことがあります。


 それは足の重要性です。


 開業してから2年が過ぎましたが、その間にたくさんの技術を学んできました。


 たくさんのお客さんの体を診てきましたが、8割の方が3,4回の施術以内に効果を感じてもらえます。


 その後も調整をすすめていくうえで、安定しない歪み(症状)があり、それをどう安定させていくか、ここがポイントとなるわけです。


 骨の歪みには、必ず生まれたときから今までに体に受けた衝撃、または生まれる時の歪み、などの原因となるものがあるわけです。


 頭を強く打つ人もいますが、やはり生活の中で圧倒的に衝撃を受ける確率が高いのが、足、お尻なんですね。


 お尻(仙骨)の調整や、骨盤の調整は今までにもやってきたし、得意な方でもあるのですが、足!なんですね。


 足に大きな歪みを残したままでは、いくらそれ以外の部分を調整したところで、また戻ってくるんですね。


 足にあまり原因のない人を除いては。(しかしほとんどの人が、足に原因があります。)


 なので、症状を完全に安定させるには、足の歪み、足の捻じれを無視することはできないんです。


 ようやく今、足の歪みを細かく調整する技術が身についてきました。


 今まで、あまり診てこなかった足。。


 ここが大きなポイントだったのです。


 症状が安定して改善しないために、途中で来なくなるお客さんはたくさんいました。


 今思うと、あの時足の歪みを確認できる力が自分にあれば。。という想いがあります。


 だけど、前向きに、今診ることのできるお客さんに全力を注ぎます。


 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。