楽しい♪

 今、この仕事をすることがとても楽しいです。自分の中で、骨格構造のしくみがかなり確かに分かってきました。


 教えられたとうりにやろうとしてもうまくいかないことがよくあって、よく分からなくなった時期もありました。


 そんな中でも自分を信頼して通ってくれているお客さんにはほんとに涙が出るくらいの感謝の気持ちしかありません!


 そういうお客さんたちのおかげで、分からなかった部分がかなりわかるようになり、自分なりの新しい発見もあり、その結果も出てきているのですごく楽しいです。


 調子よくしてあげたい!という気持ちとは裏腹に、思いどうりにいかないことが多々ありました。



 すごく悲しくてくやしくてやりきれない気持ちで涙が出ることもありました。



 あきらめそうにもなりました。だけど、すべてが学びでした。



 人体の仕組は神秘的です。



 だけど、必ず作られている仕組みというものがあります。



 その仕組みの中で骨格は衝撃を受けることで歪みの原因を作ります。



 絶対にあきらめません。技術だけでなく、気持ちの面でもとても成長させてもらっていることをひしひしと感じています。
スポンサーサイト

足の重要性

 最近、わかったことがあります。


 それは足の重要性です。


 開業してから2年が過ぎましたが、その間にたくさんの技術を学んできました。


 たくさんのお客さんの体を診てきましたが、8割の方が3,4回の施術以内に効果を感じてもらえます。


 その後も調整をすすめていくうえで、安定しない歪み(症状)があり、それをどう安定させていくか、ここがポイントとなるわけです。


 骨の歪みには、必ず生まれたときから今までに体に受けた衝撃、または生まれる時の歪み、などの原因となるものがあるわけです。


 頭を強く打つ人もいますが、やはり生活の中で圧倒的に衝撃を受ける確率が高いのが、足、お尻なんですね。


 お尻(仙骨)の調整や、骨盤の調整は今までにもやってきたし、得意な方でもあるのですが、足!なんですね。


 足に大きな歪みを残したままでは、いくらそれ以外の部分を調整したところで、また戻ってくるんですね。


 足にあまり原因のない人を除いては。(しかしほとんどの人が、足に原因があります。)


 なので、症状を完全に安定させるには、足の歪み、足の捻じれを無視することはできないんです。


 ようやく今、足の歪みを細かく調整する技術が身についてきました。


 今まで、あまり診てこなかった足。。


 ここが大きなポイントだったのです。


 症状が安定して改善しないために、途中で来なくなるお客さんはたくさんいました。


 今思うと、あの時足の歪みを確認できる力が自分にあれば。。という想いがあります。


 だけど、前向きに、今診ることのできるお客さんに全力を注ぎます。


 

さてさて

 放置するのもいいかげんにして、何か書きましょう。


 一応症例を書いていこうと思っているんですけど、いつもいつも奇跡的な改善があるわけではないので、また同じような事も書きたくないし、、なんて思っていたらずいぶんと放置してしまっていました^^;


 この間、久しぶりに来たお客さんに、「昔の方がよかった」って言われました。


 実はその事はうすうす自分でも感づいていたことなんですが、ここ数か月は技術的なことで戸惑っていた時期でもありました。


 一時的に症状を改善させることはとても簡単です。


 だけど、その症状を完全に安定して改善させるのがポイントで、それは人によっては、かなり時間がかかることもあります。


 そして、その過程の中で、今まで感じていなかった症状が出てくることがあります。


 そういうのを経験していくと、その場しのぎの対処的な歪みの調整では、最初はよくなったように思えても、何度も繰り返していると、まったく効き目がなくなってしまいます。


 それでは、その症状は改善されないのでしょうか?


 例えば、肩がいつも辛いという人がいて、一時的には肩の調整でよくなったという人で、数か月後にまた痛くなってきた、という人がいたとします。


 以前よくなった方法と同じことをやっても、以前ほど効果は感じられないはずです。


 その方の肩の症状が再発する、原因の歪みというのがどこかに隠れているのです。


 それは足首かもしれない、骨盤かもしれない、頭かもしれない、そのすべてが絡み合っているかもしれません。



 人間の体はとても深いです。この仕事をやって、やればやるほど思います。


 
 そうやって、どんどん歪みを追求していきます。僕の技術では追いつかない所もあって、さらに細かい技術を学びにいったり、ただ、そういう事を繰り返していくうちに頭が混乱してくることもありました。


 以前にやっていた、シンプルに歪みを戻すやり方の方が良かったのでは、と思っていました。


 だけど、それには限界があります。絶対に元に戻らないようになるはずだからです。


 その辺を理解してもらうのは簡単ではなく、やはりお客さんとしては、変わった!という実感が欲しいはずです。


 それも分かります。


 
 新しい技術を学んで、吸収し、さらに今までの基礎的な技術をそこから見直し、さらに正確に、さらに確実に、そんな風に、日々が勉強です。



 一人一人の異なるパズルをどうやって、ときほどいていくか。



 それではこの辺で失礼します!

久しぶりの更新です

 すっかりブログをサボっていました^^;



 今日は独り言にお付き合いください。



 ちょうど一ヶ月前、沖縄にHSTI骨格調整法、最高ランクの技術を学びに行ってきました。



 1週間滞在してきました。



 いやぁ沖縄!いいとこでした。



 なにがいいって、沖縄の人の優しさがいいです。



 独特なんですけど、昔ながらの純粋さを自然と受け継いでいる様な感じがします。



 沖縄の人は、年配の人をとても大事にします。



 特におじいちゃん、おばあちゃんを尊敬しているそうです。



 そういう所に、人としての基本的な姿勢が養われているんだと思います。



 4年前に初めて沖縄に訪れたとき、沖縄の友達とランチを食べに行きました。



 ファーストフードだったんですけど、従業員のお姉さんがとてもとても親切で衝撃でした。



 それでその沖縄の友達に「あの人とっても親切やね~」っていうと「え?そうなの?普通だよ」って言うんですよ。



 基本的にみんなが優しくて親切なので、当たり前なんですね。




 こういう土地で、HSTI骨格調整法という素晴らしいものが生まれたのが分かります。




 このHSTIの創始者、比嘉進は、うつ病や自殺などを始めとする心の病を治したいという思いが初めにあったそうです。



 そして、人間は不可分の存在だということで、まぁ心と体は分けることができないということですね。



 体が辛くなれば、心もつらくなるということです。



 そして、体の歪み=骨の歪みを整えることが結果的に心の病を改善する方法だというところにたどり着き、この骨格調整法を創り出したそうです。



 体がきついと元気でいるのも辛いですよね。よく分かります。



 体が爽快だと、心も爽快。繋がっていますよね。



 話は変わりますが、沖縄で学んだ技術、かなりすごいです。



 今まで何度やってもしばらくすると戻ってくる歪みをしっかりと安定させることができるということがわかりました。



 帰ってきてからの一ヶ月間、この技術で調整したお客さん全員に効果が出ています。



 そして何よりいいのが、今までは、調整することでバランスをとって違う場所に歪みが出てきたりすることもあったのですが、それがないんです。



 いつもそのことを心配していたのですが、その心配がなくなりました。



 曲がった足なんかも、かなりまっすぐに伸ばすことができるようにもなりました。



 今のところ怖いものなしです。



 必ず改善することが分かります。




 今日はこの辺で。



 辛い症状にお悩みの方、連絡待ってます。



 僕に任せてください!

開業から1年たって

 こんにちは☆



 あっという間に開業から1年がたちました。



 最初は「お客さん来てくれるのかな」なんて不安がいっぱいでしたが、



 その心配もなく、1年間、たくさんの人を調整させてもらいました。



 何度か壁にぶつかりましたが、その壁を乗り越えるたびに技術が上がり、精度が上がり、また気持ちの面でも向上してきました。


 
 このHSTI骨格調整法は、理論が完璧です。


 そのことを知っていたので、自信がありましたが、やはり何事も経験ですね。



 毎日毎日、いろんな症状のお客さんの調整をさせてもらい、いろんな経験をさせてもらって今本当の自信がついてきました。



 本当に、おかげさまです。


 「おかげさま」という言葉を身にしみて感じるようになりました。


 まだまだこれからです。


 たくさんたくさん、体がつらい人がいらっしゃるはずです。



 今はこの仕事がとても楽しいです。



 お客さんが目に見えて、どんどん良くなっていくのが分かります。



 これからも、絶対にあきらめない気持ちとともにやっていきます。



 ありがとうございます☆


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。